伊藤忠之のロゴ

基本政策

伊藤忠之の5つの政策!

安全・安心・快適なまちづくりの画像

1.安全・安心・快適なまちづくり

各種災害時の水やトイレ確保のための防災倉庫の拡充・避難場所の整備。

地震対する避難所135か所確保そのうち風水害に対応できる避難所105か所

南大沢駅経由、八王子駅に直結する多摩都市モノレールの早期延伸の実施。

八王子ルート整備促進協議会にて東京都に要望中。

子育て・高齢者及び障碍者支援の画像

2.子育て・高齢者及び障害者支援

学童保育所待機児童の解消。

学童保育所89か所中待機児童発生個所は26か所設置。(R2.2現在)

入所待機家族の介護軽減のために地域密着型サービスの整備促進。

グループホーム3か所、小規模多機能1か所、定期巡回随時対応訪問介護看護型1か所選定。

雇用を含め障害者の住み良いまちの実現、重度障害者への支援。

雇用・住みよいまちづくりについて、就労生活支援センターの人員拡充、優先調達表彰制度にて障害者のつくった商品を調達する企業を表彰している。

重度障害者への支援について、在宅レスパイト制度にて本人へ介護しながら家族への支援。

行財政改革の画像

3.行財政改革

無駄のない事業選択と運営、パブリックコメントのよる情報公開の徹底。

今の時代にあった改革を引き続き継続中。

教育改革の画像

4.教育改革

高齢者の参画による補習授業や登下校の見守り、人間形成・育成の確立。

補習授業・人間形成・育成については教育支援人材バンクや学習ボランティアに登録された方々により実施中。登下校の見守りについては全校実施。

地元農産品を学校・保育所給食に採用し、食育による人間力の向上を図る。

全校で実施、徐々に中身を拡大中

産業の画像

5.産業

食の安全安心を提供できる地産地消農業の推進、販路の拡大。

八王子市の農業は少量多品目の都市型農業を展開し、生産者の顔が見える新鮮で安全な農畜産物を道の駅「八王子滝山」やJA八王子の直売所等で販売するなど、地産地消を推進しています。

また、農家直営の直売所や地場野菜コーナーのある市内スーパーなどを紹介する「はちおうじ農産物直売所マップ」をJA八王子と協力し、作成しています。

地元杉材の公共施設等への活用による林業振興と花粉症対策。

八王子市では森林の持つ公益的機能(水源涵養、土壌保全など)を考慮しながら、人工林の育成管理を行っています。その一環として、地元の多摩産材の活用を推進するとともに、公共施設等に積極的に利活用しています。

令和元年度は市役所本庁舎1階総合案内のカウンターや道の駅「八王子滝山」のベンチ等に多摩産材を活用しています。

花粉症対策では、東京都などと連携・協力し、花粉の少ない針葉樹を植林する「花粉の少ない森づくり運動」を進めています。

ページトップスクロール